<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ぎっくり
ぎっくり腰で安静にしています。
今日はいくぶんよくなってパソコンの前に座っていられます。
日中はずっと横になっていました。
ドクターコトーの再放送をワンセグで見て涙したりしていました。
お肌にへんなできものができました、といいますか2年くらい前からできていました。
最近皮膚科に行ったら「切りましょう、切って組織検査しないとなんなのかわからないです」
ばっさり言われがーんと思いました。
ばかみたいですが家で泣きました。
そんなわけで結婚してから書いてある日記(いま19冊目)を片っ端から読んでいます。
できものの記述がないか調査するために。
腰が痛くてなにもできないのでちょうどよかったのです。

日記よんでいろんなことがあったもんだわと胸にずずーんときました。
「こうしたい。これを目指す!」なんてこと毎日書いてありました。
原点ですね。根っこだ。
がんばらなくちゃなあって思いました。
こどもみたいに泣いちゃだめですね、でも顔だからこわいんですよね。
縫うんですって。
ああ、まあいいです。

これからもがんばろうって思いました、日記読んで。
めげずに!
俺、やるよ
そう、最近じぶんのことよく「俺」って言います。
気合入れるために言い始めたんですね。
俺はやる 俺にまかせろ 俺様に向かってコラァ  など…


とりあえず俺は腰を治す



おわり
[PR]
by mame-0708 | 2010-09-29 22:49 | 日々
おばけ
b0159648_15333164.jpg秋めいてきました。
きのうは低気圧のおかげで重力がいつもの1.5倍?
そんな感じがしました。
この時期を乗り越えなければならぬ
毎年思うことです。
ごはんの量が少ないのも夫から注意を受けました。
新米はおいしいし、食べなくっちゃね
がんばります。

先週、筥崎宮の放生会に行ってきました。
自分にとってはめずらしくお祭りに。
思ったより賑やかでなく。平日だったからなのか。
参道に出店がずらり。でも活気があまりなかったです。
にいちゃんねえちゃんの威勢のいい声も聞こえず、なんだか疲れていたみたい。
さあ、帰ろうかと歩いていたら見世物小屋が3軒並んでいました。
全部閉まっていたんですが、お化け屋敷を記念撮影↑(クリックすると拡大します)
うーん、昭和!って感じでした。


お化けといえばゲゲゲの女房も明日で終わりです。
さっきスタジオパークからこんにちはに
ゲゲゲ夫婦が出ていたので見てみました。
しげる「若いひとは文句ばっかり言って働かない。働きなさい!」
というようなことを言っておりました。
むずかしいこと言うなー
なんて心の中でぼやいてみました。
布枝さんてすごいなー 私の知っているひとであんな奥さんはみたことないよ
そんなことも思いました。

おわり
[PR]
by mame-0708 | 2010-09-24 15:54 | 日々
彼岸
b0159648_10212743.jpg
もうお彼岸って時期なんですね。
お彼岸とは…
「彼岸」はサンスクリット語の「波羅密多」から来たものといわれ、煩悩と迷いの世界である【此岸(しがん)】にある者が、「六波羅蜜」(ろくはらみつ)の修行をする事で「悟りの世界」すなわち【「彼岸」(ひがん)】の境地へ到達することが出来るというものです。

太陽が真東から上がって、真西に沈み昼と夜の長さが同じになる春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間を「彼岸」と呼び、この期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ行くことが出来ると考えられていたのです。

仏壇やさんのサイトに書いてありました。
此岸… 煩悩や迷いですか。ふーむ。
極楽浄土があるのか私にはわかりませんが行けたらいいですよね。

最近ユーミンの歌を聴いていました。荒井由美さんの頃の。
「ひこうき雲」っていう曲。デビューの曲だったかもしれないです。
この曲はとてもいいです。
亡くなった友人のことがモチーフになっているということでした。
これを聴いて友人2人を思い出しました。
田舎だったので、幼稚園から中学校までほとんど同じクラスにいた、いわゆる幼馴染っていうんでしょうか
そういう子2人亡くなってしまいました、何年か前に。
若かったです。若すぎました。
どんな苦しみがあったかは私にはわかりませんでした。
連絡をとりあっていたわけでもなかったので。
もし極楽があるのだとしたら2人とも行けたらいいなと思いました。
「ひこうき雲」と彼岸花をみてそう思いました。


♪ひこうき雲  荒井由美   ※音でます
[PR]
by mame-0708 | 2010-09-19 10:51 | 日々


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30