あれを知ったのは池袋でだった
b0159648_1010018.jpg
今日はあたたかい。午後はすこし荒れるお天気だそうです。
歩く歩く歩く。続いています。
ワンコ参りも。きのうは吠えながら近づいてきて私の手をぺろり。
あなた、もしや策士?私の気持ちを惹こうとしていたのかええー
でもうれしいのでした。

いろいろあるけれどまあなんとか屋根のあるところで生活しているし3食食べられるし、眠れないこともない。そんな33歳。
18歳の3月20日の私、なにしていたかなと思い出してみました。
進学が決まった友人とふたりで池袋のTOBUとかSEIBUに学校で着る服を買いに出かけていた。
友人はおしゃれさんでハイブランドの服をささっと買ってしまい、私は唖然呆然…
片道2時間半近く通学にかかるこれからのことを思うと浪人はせずに済んだが気分が重い自分。
そんなふたりが池袋駅のテレビ画面がたくさんある広場のまえを通りかかったとき、人だかりが。
地下鉄でなにかあったらしい 
そんなことをみんなしゃべっている、テレビみながら。
携帯電話も普及していないそんな時代。みんなテレビをみて不安げな表情。
友だち「お父さん日比谷線使っているの、だいじょうぶかなあ」と泣きそうな顔をする。
私は心のなかで「うちのお父さんもお母さんもおばあちゃんも野良仕事だからだいじょうぶだ。お姉ちゃんも地下鉄には今日はのっていないはず」そんなことを思っていた。
なにかあったらしい。でもよくわからない。ダイヤが乱れている。家に帰れるかな?そんなくらいで。
あのあといろいろ報道がされていたけれど自分は新しい生活のことであたまが一杯。くわしく新聞をチェックすることもなく。


4月、5月と埼京線から新宿駅で京王線に乗り換える通学にくたくたになっていたころ、
教室で近くの男子がスポーツ新聞広げて「Xデーってなんだ?」なんて言っている。
こえーな、おれ電車乗るしな  とか言っていた。
Xデーと言われていた日は授業に遅れるひとが多かった。いつもと違う路線で学校に来たとか。
ある日埼京線から京王線に乗り換えるのに歩いていたら、どこかのホームで人がぎゅうぎゅうに溢れかえっていた。いま思えば人身事故だったからこもしれないが、近くを歩いている人たちが
「今日ってもしかしてXデー?電車でなにかあったんじゃないの」
数日後、新宿駅の埼京線に上がるすぐそばにあるトイレでガスが発生しておまわりさんがいっぱいいた。
なんなの?
でも自分は学校生活がなれずにそれ以上はあまり考えず。
ただ、学校の先生が「サークルの勧誘であやしい宗教の勧誘があったら気をつけるように。学生課に報告すること」と言っていた。


あれから15年たつという。あの事件は遠いものだと思っていたけれど、
『1Q84』読んだこともあり、テレビで最近報道されているのをみたりすると
「私はあのとき、東京で、勧誘するにはもってこいの心の不安定な年代の若者であったのだ」
と改めて思い、気持ちが落ち着かない気分になります。

思い出して記録のように書いてみました。
[PR]
by mame-0708 | 2010-03-20 10:46
<< 蜜月 吠えるけどしっぽ振ってるのはど... >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31